【2021年最新】マニアが選ぶおすすめ格安SIM

iPhone 12/12 Proにおすすめの格安SIM5社を比較|年間3万円得する手順!

iPhone 12 ProのSIM

iPhone 12/12 Proを格安SIMで使う方法を徹底解説!

iPhone 12はAppleの大人気スマートフォンであり、多くのひとが格安SIMで運用しようと考えているのではないでしょうか。

実際にiPhone 12はコストパフォーマンスが高いスマホなので、格安SIMはとてもおすすめです。

iPhone 12を格安SIMで使うことで、大手キャリアよりもなんと年間3万円以上節約することができます。

エレン

iPhone 12を安く運用できたら最高よね。
格安SIMなら大手キャリアよりもかなり安くできるよ!

リック

  • iPhone 12/12Proを格安SIMで使いたい
  • 大手キャリアと格安SIMで料金はどのくらい違うの?
  • iPhone 12/12 Proにおすすめの格安SIMは?

このような人は最後まで読んでいただければ、iPhone 12で格安SIMを使ってスマホ代を節約する方法を理解することができますよ!

人気記事
おすすめの格安SIMについて知りたい人は、あわせて『【徹底比較】格安SIMおすすめ厳選10社!マニアが選ぶ最新ランキングはこれだ!』もお読みください。

この記事を書いた人

リックのアイコン

リック

 

シムユニを運営している格安SIMマニア。
本業では格安SIM会社のPRを担当しており、業界の裏側まで熟知しています。

LINEモバイル、楽天モバイル、OCN モバイル ONE、y.u mobileを利用中。

趣味はサウナと海外サッカーで、早起きは大の苦手です。

iPhone 12/12 Proには格安SIMがおすすめな理由

iPhone 12のカラーバリエーション
出典:Apple

iPhone 12とiPhone 12 Proは格安SIMとの相性が最高です。

まずはiPhone 12/12 Proが格安SIMにおすすめの理由を解説します。

「大手キャリアと格安SIMどっちがいいのかな?」という人は参考にしてください!

エレン

お、気になるわ。実は大手キャリアと迷っているのよね〜。
格安SIMのメリットもすっきりわかるよ!

リック

iPhone 12には格安SIMがおすすめな理由
  • コスパの高い端末に格安SIMはぴったり!
  • 端末価格が高い上位モデルの通信料金を節約
  • 5Gはまだまだ発展途上である
  • iPhone 12はデュアルSIMに対応している

コスパの高い端末に格安SIMはぴったり!

iPhone 12/12 miniは最新iPhoneシリーズのスタンダードモデルです。

iPhone 12 miniの64GBは74,800円という価格からも分かる通り、かなりコスパが高いモデルになっています。

最新iPhoneということで最新鋭のプロセッサーが搭載がされているなど、スペック面も申し分ありません。

iPhone 12を格安SIMで使うことによって、さらにスマホ代を節約することができます。

端末価格が高い上位モデルの通信料金を節約

iPhone 12 Pro/12 Pro MaxはiPhone 12シリーズのフラグシップモデルです。

カメラ性能がiPhone 12よりも強化されており、望遠レンズを加えた3つのカメラを搭載。

広角カメラは光を取り込むセンサーサイズが大きくなっており、暗い場所でもより明るく撮影できます。

機能が強化されている分、端末価格はちょっと高めの106,800円から。

端末価格が高いとなると、月々の通信料金は少しでも安くしたいですよね。

格安SIMであれば月額は大手キャリアの半分以下に抑えることができます。

年間だと3万円以上差が出るので、iPhone 12 Proシリーズにもぜひ格安SIMがおすすめです。

5Gはまだまだ発展途上である

iPhone 12ではiPhone史上初めて5Gに対応しました。

どうせiPhone 12を使うなら5Gに対応しているキャリアで利用したい人もいるのではないでしょうか。

しかしながら大手キャリアにとって特徴となっている5Gは、まだまだ対応エリアが少ないという課題があります。

そのため5G目当てで大手キャリアと契約するのは注意が必要です。

格安SIMでは4Gが基本ですが、個人的には国内で5Gが普及するのは数年後だと考えています。

いま5Gが使えるプランにしても数年間は恩恵を受けられないため、いまは格安SIMで通信量を節約するのが賢い選択です。

格安SIMでの5Gについて詳しくは、「格安SIMの5G対応状況まとめ|本格的な普及はいつになるか予想」を参考にしてください!

iPhone 12/12 ProはデュアルSIMに対応している

iPhone 12はデュアルSIMに対応していることも、格安SIMでの運用がおすすめな理由です。

エレン

デュアルSIMってなんのこと?
簡単に言うと、iPhone1台で2つのSIMカードを使える機能のことだよ!

リック

どちらのSIMを使うかは、端末で自由に切り替えることができます。

デュアルSIMをうまく活用することで、「メインはドコモ、サブ回線に楽天モバイル」というような使い方もすることができますよ。

電話番号も2つ持つことができるので、プライベートと仕事用で使い分けるというのもありですね。

iPhone 12/12 Proにおすすめの格安SIMはこれだ!

おすすめ格安SIM
普段は格安SIM会社とお仕事をしているわたしが、iPhone 12におすすめの格安SIMを厳選して紹介します。

まだiPhone 12が発売されていないので気が早いかもしれませんが、発売後に慌てないよう事前に確認しておきましょう。

エレン

たしかに。自分にあった格安SIMをじっくり検討したいものよね。
最初から格安SIMを使いたい場合、iPhone 12が手元にきてから格安SIMを申し込むのだと遅いからね!

リック

ワイモバイル

ワイモバイル

スマホプランSMR
6ヶ月間1,980円2,980円3,980円
7ヶ月目以降2,680円3,680円4,680円
データ容量
(1年後)
4GB
(3GB)
13GB
(10GB)
17GB
(14GB)
通信制限時の速度128kbps1Mbps1Mbps
家族割-500円
1回10分以内の
国内通話かけ放題
無料
公式サイトhttps://www.ymobile.jp/
iPhone 12におすすめの格安SIM1社は、ワイモバイルです。

ソフトバンク系列の格安SIMで、業界の知名度には申し分がありません。

良いところ
  • 文句なしの人気No.1
  • 通信速度が速い
  • かけ放題が標準で付いている
惜しいところ
  • 格安SIMの中で最安ではない

ワイモバイルはソフトバンク回線をそのまま使っていることもあり、通信速度に定評があります。

通常の格安SIMは大手キャリアの回線を借りているため、混雑時は通信速度が落ちることがあるのです。

ワイモバイルはソフトバンクの系列なので、回線環境においては他の格安SIMに差をつけています。

一方、料金の安さにおいては他の格安SIMにかないません。

店舗も多くサポートが充実しているので、大手キャリアと同じ高品質のサービスを求める方におすすめです。

UQモバイル

UQモバイル

スマホプランSR
月額1,980円2,980円
データ容量
※条件達成時
3GB

※4GB
10GB

※12GB
通信制限時の速度300kbps1Mbps
家族割-500円
10分以内の
国内通話かけ放題
+700円
国内通話かけ放題+1,700円
詳細UQモバイル公式サイト
iPhone 12におすすめの格安SIM2社目は、UQモバイルです。

auのグループ会社であり、こちらも業界では大手といわれる格安SIMです。

良いところ
  • 通信速度が速い
  • かけ放題オプションは任意
  • シンプルな料金プラン
惜しいところ
  • 格安SIMの中では料金が高め

UQモバイルの特徴は、通信速度が速い点です。

auの本回線を利用しているので、混雑時にも通信速度が安定しています。

エレン

ワイモバイルと似ているね。
うん。似ているがゆえ、ワイモバイルとUQモバイルはよく比較されるんだ。

リック

ワイモバイルはかけ放題が料金にコミコミであることに対して、UQモバイルのかけ放題オプションは任意です。

通話をしない方はかけ放題オプションに加入しなくていいので、料金を抑えられる点は嬉しいですね。

UQモバイルは、格安SIM初心者や高品質のサービスを期待する人におすすめです。

LINEモバイル

LINEモバイル

データ容量音声SIMデータSIM
(SMS付き)
500MB1,100円600円
3GB1,480円980円
6GB2,200円1,700円
12GB3,200円2,700円
詳細LINEモバイル公式サイト
3社目は、LINEモバイルを紹介します。

LINEモバイルはメッセージアプリのLINEが経営している格安SIMです。

良いところ
  • 誰でもLINEのデータ消費なし!
  • SNSのデータ消費が0になるオプションあり
  • 大手3キャリアの回線から選べる
  • 料金が最安レベル
惜しいところ
  • YouTubeはカウントフリー対象外

LINEモバイルの特徴は、「カウントフリー(データフリー)機能」があることです。

エレン

カウントフリーってなんのことかしら?
対象アプリのデータ消費が0になる機能のことだよ!

リック

カウントフリーとは
対象となっているサービスはデータを消費しない機能のことです。データフリーと呼ぶこともあります。

LINEモバイルは標準でLINEアプリのカウントフリーがついています。

また主要SNSや音楽サービスがカウントフリー対象となる追加オプションもあります。

LINEモバイルのデータフリーの概要は下記の通り。

名称対象サービス月額料金
LINEデータフリーLINE+0円
SNSデータフリーLINE
Twitter
Facebook
+280円
SNS音楽データフリーLINE
Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC
Spotify
AWA
+480円

YouTubeのカウントフリーには対応していないので注意しましょう。

料金も業界最安値レベルなので、LINEやSNSをよく使う人はまず最初に検討したい格安SIMの一つです。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

料金プラン音声SIMデータSIM
(SMS付き)
1GB1,180円-
3GB1,480円880円
6GB1,980円1,380円
10GB2,880円2,280円
20GB4,400円3,800円
30GB5,980円5,380円
10分以内の
国内通話かけ放題
+850円-
OCN光セット割-200円
公式サイトhttps://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html
iPhone 12におすすめの格安SIM4社目は、OCN モバイル ONEです。

OCN モバイル ONEは、インターネット事業で実績のあるNTTが経営している格安SIMです。

良いところ
  • 通信速度が安定している
  • 料金が安い
  • 音楽カウントフリーが無料
惜しいところ
  • 選べる回線はドコモのみ

OCN モバイル ONEの特徴は、通信速度の安定と安い料金を両立しているところです。

業界最安値レベルの料金プランでありながら、格安SIMが苦手とする混雑時も通信速度が比較的安定しています。

また音楽サービスのデータ消費が0になる「MUSICカウントフリー」が無料で利用できます。

MUSICカウントフリーの概要は下記の通り。

MUSICカウントフリー対象サービス料金
Amazon Music+0円
ANiUTa
AWA
dヒッツ
Google Play Music
LINE MUSIC
RecMusic
Spotify
ひかりTVミュージック

注意点としては、ドコモ回線しか選べないところです。

ドコモ回線だからといって通信品質が悪いとかはないのですが、auやソフトバンク回線にこだわる人には向いていません。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの料金
3GB1,600円
6GB2,150円
12GB3,400円
20GB5,200円
30GB7,450円
3分以内の
国内通話かけ放題
+600円
10分以内の
国内通話かけ放題
+830円
2回線目以降-200円
公式サイトhttps://join.biglobe.ne.jp/mobile/BIGLOBEモバイル
iPhone 12におすすめの格安SIM5社目は、BIGLOBEモバイルです。

インターネットプロバイダとして有名なBIGLOBEモバイルが運営しています。

良いところ
  • YouTubeなどの動画サービスがカウントフリー
  • キャンペーンが豊富
惜しいところ
  • 混雑時に通信速度が落ちることがある

BIGLOBEモバイルの特徴は、YouTubeなど動画サービスのデータ容量が0になる「エンタメーフリー・オプション」です。

エンタメフリー・オプションはYouTubeだけでなく、かなりの数のサービスに対応しています。

対象サービス月額料金
動画配信YouTube
ABEMA
U-NEXT
YouTube Kids
+480円
音楽配信
ラジオ配信
Google Play Music
YouTube Music
Apple Music
Spotify
AWA
Amazon Music
LINE MUSIC
radiko
らじる★らじる
dヒッツ
RecMusic
楽天ミュージック
電子書籍配信dマガジン
dブック
楽天マガジン
楽天Kobo
その他Facebook Messenger
au PAY マーケット

動画や音楽アプリを多く使う方にはおすすめの格安SIMです。

iPhone 12の運用費を大手キャリアと格安SIMで比較!

分析している女性
出典:freepik

次は、iPhone 12を大手キャリアで使った場合と格安SIMで使った場合で、どれだけ料金に差がでるかを検証してみましょう。

結論から書きますと、格安SIMの方が年間3万円以上もお得になります!

端末代やキャンペーンなどは考慮せず、純粋な通信料金を比較します。

大手キャリアの月額料金

まずは、大手キャリアに月額料金を解説していきます。

ドコモ・au・ソフトバンクの料金を下記の表にまとめました。

大手キャリアの月額料金

容量ドコモauソフトバンク
~1GB2,980円2,980円3,980円
~2GB5,980円
~3GB3,980円--
~4GB-4,480円-
~5GB4,980円-7,480円
~7GB5,980円5,980円-

エレン

けっこういいお値段するのね…。
家族割や固定回線のセット割がないと、大手キャリアはかなり高い印象があるね。

リック

大手キャリアで月に7GB使う際の相場は、約6,000円ほどです。

(ソフトバンクの料金は頭一つ抜けてますね。ひええ…。)

いま大手キャリアを使っている場合、スマホ代が1万円くらいになっている人も多いのではないでしょうか。

格安SIMの料金

続いて、格安SIMの料金を解説します。

格安SIMといっても会社がいっぱいあるので、今回は特に人気の5社をピックアップしてみました。

比較に使う格安SIM5社
  • ワイモバイル
  • UQモバイル
  • LINEモバイル
  • OCN モバイル ONE
  • BIGLOBEモバイル

ワイモバイルの料金プラン

スマホプランSMR
6ヶ月間1,980円2,980円3,980円
7ヶ月目以降2,680円3,680円4,680円
データ容量
(1年後)
4GB
(3GB)
13GB
(10GB)
17GB
(14GB)
通信制限時の速度128kbps1Mbps1Mbps
家族割-500円
1回10分以内の
国内通話かけ放題
無料
公式サイトhttps://www.ymobile.jp/

UQモバイルの料金プラン

スマホプランSR
月額1,980円2,980円
データ容量
※条件達成時
3GB

※4GB
10GB

※12GB
通信制限時の速度300kbps1Mbps
家族割-500円
10分以内の
国内通話かけ放題
+700円
国内通話かけ放題+1,700円
詳細UQモバイル公式サイト

LINEモバイルの料金プラン

データ容量音声SIMデータSIM
(SMS付き)
500MB1,100円600円
3GB1,480円980円
6GB2,200円1,700円
12GB3,200円2,700円
詳細LINEモバイル公式サイト

OCN モバイル ONEの料金プラン

料金プラン音声SIMデータSIM
(SMS付き)
1GB1,180円-
3GB1,480円880円
6GB1,980円1,380円
10GB2,880円2,280円
20GB4,400円3,800円
30GB5,980円5,380円
10分以内の
国内通話かけ放題
+850円-
OCN光セット割-200円
公式サイトhttps://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html

BIGLOBEモバイルの料金プラン

BIGLOBEモバイルの料金
3GB1,600円
6GB2,150円
12GB3,400円
20GB5,200円
30GB7,450円
3分以内の
国内通話かけ放題
+600円
10分以内の
国内通話かけ放題
+830円
2回線目以降-200円
公式サイトhttps://join.biglobe.ne.jp/mobile/BIGLOBEモバイル

エレン

7GB使った際の相場は、2,000~3,000円ってとこね。
大手キャリアの半額以下だね!

リック

ワイモバイルとUQモバイルは通信速度に定評がある分、格安SIMの中では少し高めです。

格安SIMで月7GBくらいを使う場合、相場としては2,000~3,000円くらいです。

大手キャリアの半額以下となりました。

格安SIMの方が年間3万円以上もお得に!

大手キャリアと格安SIMを比較すると、月額3,000~4,000円ほど安くなることがわかりました。

これを年間にするとなんと…3.6万円〜4.8万円もの節約になります。

エレン

物凄い差があるのね。なんだかいま損しているみたい。
スマホ代を節約したいなら、早く格安SIMに乗り換えることをおすすめするよ!

リック

中には「契約解除料が…」というかたもいらっしゃいますが、格安SIMへの乗り換えはできるだけ早いほうが損しません。

多くのプランで契約解除料は1,000円になっていますし、違約金を払ってまでも乗り換えた方が結果的にお得だからです。

iPhone 12/12 Proを格安SIMで使う手順

iPhone 12とiPhone 12 mini
出典:Apple

ここからは、iPhone 12/12 Proを格安SIMで使う手順について解説します。

簡単3ステップで完了しますので、誰でもスムーズに乗り換えできますよ!

手順1:iPhone 12を購入する

まずは、iPhone 12を購入しましょう。

現在、格安SIMでiPhone 12がセット購入できる格安SIMはありません。

そのため、端末は自分で用意する必要性があります。

おすすめの購入場所はApple Storeです。

メルカリなどで中古を購入するのもありですが、場合によっては「SIMロック解除」という追加作業が必要になる可能性があります。

Apple Storeなら公式で安心ですし、価格もキャリアの販売価格よりも安いです。

手順2:格安SIMに申し込む

次の手順は、格安SIMへの申し込みです。

一部の格安SIMでは店舗でも申込可能ですが、オンラインでの手続きをおすすめします。

24時間いつでも手続きできますし、キャンペーンも豊富でお得に契約することができます。

格安SIMの店舗はかなり少ないので、どうしても店員さんと直接話したいなどのこだわりがなければオンラインで申込をしましょう。

また他社から乗り換える場合には、格安SIMの申込前に「MNP予約番号」を取得しましょう。

エレン

MNP…?なにそれ?
乗り換え先でも同じ電話番号を使うための、整理番号みたいなものだよ!

リック

MNP予約番号は各キャリアで発行できます。

手順3:端末の初期設定を行う

最後の手順は、端末の初期設定です。

iPhone 12に格安SIMのSIMカードを挿しただけでは、使えるようになりません。

とはいえさくっと終わりますので、やることを確認しておきましょう!

エレン

私、機械音痴なんだけど大丈夫かな?
大丈夫!案内通りに進めるだけだから、誰でも簡単にできるよ。

リック

初期設定は、主に2つの作業が必要です。

  • APN設定
  • MNP開通手続き

APN設定

APN設定は、端末で格安SIMの回線を使えるようにするための設定です。

難しい作業は必要なく、格安SIMの公式ファイルからプロファイルと呼ばれる設定ファイルをインストールするだけです。

アプリダウンロードのように数クリックで完了しますので、格安SIMの公式サイトを確認しましょう。

MNP開通手続き

他社から乗り換えの場合は、MNP開通手続きが必要です。

エレン

MNP開通手続きってなに?
乗り換えが完了したことを報告する手続きのこと!

リック

MNP開通手続きをすることで、前のキャリアでの解約&格安SIMの契約が成立します。

やり方はとても簡単。格安SIMのマイページにあるボタンを押すだけで完了です。

格安SIMでiPhone 12/12 Proは使える?動作確認結果まとめ

iPhone 12 Proのブルー
出典:Apple

ここからは、格安SIM各社のiPhone 12対応状況について解説します。

格安SIMでは新機種が発売されると、動作確認を行います。

iPhone 12においても各社続々と動作確認が完了しているので、動作確認結果をまとめました。

格安SIMのiPhone 12/12 Pro動作確認結果
ワイモバイル
UQモバイル
楽天モバイル
LINEモバイル
BIGLOBEモバイル
OCN モバイル ONE
IIJmio
mineo
イオンモバイル

主要な格安SIMではすべてiPhone 12に対応しています。

ただし基本的に5G回線は使えないと思っていた方がいいです。

エレン

格安SIMでもiPhone 12が使えるとわかって安心したわ。

例年、多くの格安SIMが最新iPhoneにいち早く対応する

様々な格安SIMでiPhone 12が使えることがわかりました。

実はこの対応の早さは、例年通りといったところです。

下記は1世代前のiPhone 11おける、格安SIM各社の対応状況。

格安SIM各社のiPhone 11対応状況
ワイモバイル
UQモバイル
LINEモバイル
OCN モバイル ONE
BIGLOBEモバイル
mineo
イオンモバイル
y.uモバイル

ご覧の通り、主要格安SIMは全てiPhone 11に対応していることがわかります。

iPhone 12も同じ傾向ですので、格安SIM各社がこぞってiPhone 12に対応しました。

iPhoneは世界中で使うことを想定された端末

iPhoneは世界中での利用を想定されたスマホです。

特定のスマホ端末が格安SIMで動作保証対象外になる要因として、回線と端末の相性が悪いことが挙げられます。

したがって日本での利用を想定していな外国のスマホだと、国内で使えないことがあります。

しかしながらiPhoneはワールドワイドなスマホです。

1機種に他言語が入っているなど、世界中どこでも使えるように設計されています。

電波についても様々な規格に対応しているため、格安SIMで使える可能性が高いのです。

iPhoneの発売は格安SIMにとって大きなビジネスチャンス

iPhone発売は格安SIMにとって大きな商機です。

日本でのiPhone人気は高く、毎年発売されるたびにニュースになりますよね。

新型iPhoneが発売された時は格安SIMへの乗り換えをしやすいタイミングです。

仮にiPhone 12に非対応の格安SIMがあった場合、その会社は選ばれないでしょう。

格安SIM各社もこのチャンスを逃すわけにはいかないのです。

iPhone 12/12 Proは格安SIMで安く運用しよう!

iPhone 12は格安SIMで使える可能性が非常に高いです。

最新機種は価格が高いことが多いので、通信費用を抑えられる格安SIMは非常におすすめ。

大手キャリアの半額以下でiPhone 12を運用することができるので、ぜひこの機会に乗り換えを検討してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です