【2021年最新】マニアが選ぶおすすめ格安SIM

格安SIMの初期費用はどのくらい?安く抑えるコツ&手数料なしの3社を比較

格安SIMの初期費用

格安SIMの契約時には、初期費用がかかります。

何も知らずに契約してしまうと、「思ったより高くついた」なんて感じてしまいます。

エレン

初期費用はできるだけ安いと助かるわ。
初期費用が無料の格安SIMもあるよ!

リック

この記事では、格安SIMマニアである僕が初期費用の相場と手数料を安くするコツについて解説します。

  • 格安SIMの初期費用の相場は?
  • 事務手数料をできるだけ抑えたい
  • 初期費用なしの格安SIMはある?

このように思う方は、ぜひ最後まで読んでください!

人気記事
おすすめの格安SIMについて知りたい人は、あわせて『【徹底比較】格安SIMおすすめ厳選10社!マニアが選ぶ最新ランキングはこれだ!』もお読みください。

この記事を書いた人

リックのアイコン

リック

 

シムユニを運営している格安SIMマニア。
本業では格安SIM会社のPRを担当しており、業界の裏側まで熟知しています。

LINEモバイル、楽天モバイル、OCN モバイル ONE、y.u mobileを利用中。

趣味はサウナと海外サッカーで、早起きは大の苦手です。

格安SIMを契約する際の初期費用まとめ

iPhone 12 Pro Gold
まずは、「格安SIMの初期費用はどのくらい?」という疑問に答えていきましょう。

初期費用といっても、細かく分けると以下の4種類に分けられます。

名称費用の目安支払い先
事務手数料0円~3,000円契約先
SIMカード発行料0円~400円
契約解除料0円~9,500円乗り換え元
MNP転出手数料0円~3,000円

エレン

あら、意外と多いのね。
乗り換えの場合は、乗り換え元の会社で手数料が発生することがあるんだ!

リック

これから契約する格安SIMで発生するのは『事務手数料』『SIMカード発行料』、乗り換え元で発生するのは『契約解除料』『MNP転出手数料』です。

記載している金額はあくまで相場なので、これらの手数料が一切かからない格安SIMもあります。

では、それぞれ解説していきます!

事務手数料

事務手数料は、新規契約時に発生する手数料です。

会社によっては、初期手数料と呼ばれることもあります。

初期費用と聞くと、この事務手数料をイメージする方が多いのではないでしょうか。

事務手数料の相場は3,000円ほどで、多くの格安SIMで発生する手数料です。

SIMカード発行料

SIMカード発行料は、その名の通りSIMカードを新規発行した際に発生する手数料です。

相場は400円ほどですので、事務手数料に比べると安価で済みます。

契約解除料

契約解除料は、乗り換え元で発生する可能性のある手数料です。

別名、解約金や違約金とも言われます。

契約解除料の金額は、現在契約している会社やプランによって大きく異なります。

2019年9月30日までの料金プランを契約している場合は9,500円、2019年10月1日以降の場合は0円~1,000円ほどであることが多いです。

契約解除料の目安
  • 2019年9月30日まで:9,500円
  • 2019年10月1日以降:0円~1,000円

MNP転出手数料

MNP転出手数料は、乗り換え元で発生する可能性のある手数料です。

他社から乗り換えをせず、格安SIMを新規契約する際には発生しません。

MNP転出手数料の相場は3,000円ほど。

エレン

乗り換えにも手数料がかかるのね。
MNP転出手数料について、今後は撤廃する動きが出ているよ!

リック

総務省は『携帯電話・PHSの番号ポータビリティの実施に関するガイドライン』にて、MNP転出手数料を無料にする改正を公表しました。

今後はもっと自由に乗り換えができるようになりますね!

格安SIMの初期費用を抑えるコツ

ひらめいた女性

エレン

格安SIMの初期費用を抑えるコツってあるの?
うん、お得に契約する技を教えるね!

リック

格安SIMは何も知らずに契約してしまうと、損してしまう可能性があります。

初期費用を抑えて、お得に契約しましょう!

エントリーパッケージを利用する

初期費用は、エントリーパッケージを活用することで無料にすることができます。

エレン

エントリーパッケージって何ー?
初期費用がお得になる、クーポンみたいなものだよ!

リック

エントリーパッケージは、店舗やAmazonなどのECサイトで500円前後で販売されています。

エントリーパッケージを買うことで3,000円の初期費用が無料になるので、差額分がお得になるということです。

ただし注意点もあります。エントリーパッケージで活用して契約すると、その他キャンペーンが適用外になってしまうことがあるんです。

キャンペーンと併用できることもあるので、エントリーパッケージを利用する際は必ず確認しましょう。

キャンペーンを活用する

格安SIMはキャンペーンが豊富で、中には初期費用が無料になったりキャッシュバックされる場合があります。

初期費用は月額にプラスして発生するので、初期費用無料キャンペーンを使えば初月の請求をぐっと抑えることが可能です。

キャンペーンを活用しないのはかなり損なので、公式サイトで開催中のキャンペーンをぜひ確認してください。

解約金がかからないタイミングを狙う

初期費用を抑えるコツ3つ目は解約金がかからないタイミングで乗り換えをすることです。

解約金はこれから契約する格安SIMではなく、乗り換え元のキャリアで発生します。

現在の料金プランにおける契約解除料がどうなっているかを、事前に確認しましょう。

もしも2年縛りなどの契約縛りがある場合は、乗り換えするタイミングも非常に重要です。

キリのいいタイミングで乗り換え作業をしないと、無駄な契約解除料が発生してしまう可能性があります。

解約金のかからない格安SIMについては『格安SIMの縛りなし音声プランおすすめ5選|解約金・違約金・最低利用期間で比較』をお読みください。

事務手数料が無料の格安SIMを比較

おすすめ格安SIM
初期費用の大部分を占めるのが事務手数料です。

しかしながら格安SIMの中には、事務手数料が無料の会社もあります。

エレン

契約するなら初期費用がかからない方が嬉しいわね。
事務手数料が無料の格安SIMを比較

楽天モバイル

楽天モバイル

Rakuten UN-LIMIT V
データ無制限2,980円
5G対応○
通信制限時の速度1Mbps
国内通話専用アプリで無料かけ放題
事務手数料0円
契約解除料
MNP転出手数料
公式サイトhttps://network.mobile.rakuten.co.jp/
楽天モバイルは事務手数料だけでなく、各種手数料が完全無料の格安SIMです。

これまでの常識をくつがえす料金プランを展開しており、2,980円でデータ無制限に利用できます。

楽天モバイルの特長
  • 各種手数料0円
  • 2,980円でデータ無制限
  • 国内通話かけ放題

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの料金
3GB1,600円
6GB2,150円
12GB3,400円
20GB5,200円
30GB7,450円
3分以内の
国内通話かけ放題
+600円
10分以内の
国内通話かけ放題
+830円
2回線目以降-200円
公式サイトhttps://join.biglobe.ne.jp/mobile/BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルは、インターネットプロバイダーとして老舗のBIGLOBEが運営している格安SIMです。

通常だと初期費用はかかりますが、初期費用が無料になるキャンペーンをよく開催しています。

BIGLOBEモバイルの特長は、対象サービスのデータ消費がカウントフリーになる『エンタメフリー・オプション』です。

対象サービス月額料金
動画配信YouTube
ABEMA
U-NEXT
YouTube Kids
+480円
音楽配信
ラジオ配信
Google Play Music
YouTube Music
Apple Music
Spotify
AWA
Amazon Music
LINE MUSIC
radiko
らじる★らじる
dヒッツ
RecMusic
楽天ミュージック
電子書籍配信dマガジン
dブック
楽天マガジン
楽天Kobo
その他Facebook Messenger
au PAY マーケット

YouTubeやApple Musicなど、人気のエンタメサービスをデータ容量気にせず楽しめます。

動画や音楽をよく楽しむ人には、かなりおすすめです!

IIJmio

IIJmio

IIJmioの料金プラン
3GB1,600円
6GB2,220円
12GB3,260円
ひかり回線セット割-600円
3分以内
国内通話かけ放題
+600円
10分以内
国内通話かけ放題
+830円
公式サイトhttps://www.iijmio.jp/
最後に紹介するのは、IIJmioです。

通常だと初期費用が発生するのですが、キャンペーンを活用することで事務手数料を1円にすることができます。

1円なので無料ではないけど、かなりお得なので紹介しました!

リック

もちろん期間限定キャンペーンという性質上、常に初期費用が1円というわけではありません。

ただキャンペーンはかなりの頻度で開催されているため、申込前には公式サイトを確認するようにしてくださいね。

初期費用を抑えてお得に格安SIMを契約しよう!

格安SIMの初期費用について解説しました。

確かに初期費用がかかる場合の多い格安SIMですが、お得に契約する方法もあります。

また初期費用も払ったとしても、月額費用がかなり安いので数ヶ月でペイできるでしょう。

エレン

格安SIMで初期費用を抑えるコツがわかったわ!
特に乗り換えの場合は、契約解除料に注意しようね!

リック

最後までお読みいただきありがとうございました。

シムユニでは格安SIMを中心に、スマホ代節約のコツをわかりやすく発信しています。

気になる方は、別の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です